買取店で肝心なこと

町中に派手な看板を掲げたいろいろな自動車買取店がありますが、大手の有名店であればどこも対応などに大きな違いはありません。
しかし、有名フランチャイズ店でも店舗によって査定額が違うこともあり、査定額というものは店舗ごとに全く違うものと思ったほうがよいようです。
店舗によって査定額を決めるうえでの基準点や重視する点が若干違うようでそれによって査定額にも違いが生まれる様なのですが、意外なところでその査定を行った人間によっても査定額に大きな違いを生むことがあります。

査定というのは机上の空論ですべてを行うことはできず、持ち込まれた車種によってどこをどう見るかとか、こういった車はこういう点に注意しなければならないなど、経験が物を言うことが多々あります。
その方法を詳しく知らなければいいところも見てくれませんし、逆に悪いところを見落とすかもしれません。
しかし、良いところを見る目はなくても悪いところを見つけるのはしっかりと教育されているので、まず見落とされることはないでしょう。
結果的に経験不足の若い方ですと良いところを見落とす可能性が高いという事なのです。
特に新規出店した買取店は要注意です。
店長クラスの人間が唯一豊富な経験を持つだけで、他の査定する担当者や事務の人間などはその店舗と同時に入社したような人間ばかりだからです。
車を持ち込む前に何気なくその店舗に出向き、どういった年齢層の人間が多いのかという事を調べており、それなりの経験を持っていそうな年齢層の方がいるようであれば、実際に査定する時にその人を指名するぐらいの行動が必要でしょう。
どんな仕事でもそうですが、若ければいいというものではないという事です。