ハッチバックでセダンもある

セダンと言えば3ボックス形状のノッチバックセダンが定番のスタイルとなっていますが、実は3ボックスだけがセダンではありません。
実は最近コンパクトカーなどでよく使われているハッチバックスタイルも実はセダンの一つなのです。
いわゆるハッチバックセダンというもので、後ろにトランクを持たない代わりにキャビンとつながった形でラゲッジスペースを持つ車のことなのですが、一見するとセダンの定義であるキャビンとトランクが独立しているということをクリアできていないように思えます。
しかし、実際にはリヤシートのシートバックやとのカバーなどでキャビンとリヤラゲッジスペースが分離されているので、これを独立しているというように見るのです。
たとえば、トヨタのハイブリッドカーであるプリウス、この車は翌5ドアハッチバックなどといわれることが多いのですが車の分類上は5ドアセダンということになります。
普段はリヤシートのシートバックをたている状態でリヤラゲッジスペースとキャビン部に境目が存在するということでセダン扱いになります。

一応シートを前に倒して一つの空間でラゲッジスペースを作ることになるのですが、それはあくまでも一時的なものという見方がされているので、あくまでもセダンとして扱っているのです。
ただ、そういったかなりゆるい観点でセダンというものを見ると車のほとんどがセダンであるということになりかねないような気もします。

アルファード 値引き